パンフレット印刷を依頼するときの注意点とは?

インク

シーラーがあれば簡単

ポストにはがきを入れる人

基本的な原理を知る

圧着ハガキは見た目では特殊な加工が施されているように感じられるかもしれません。しかし、原理はとても簡単なものであり、道具さえ揃えてしまえば容易に作成することが可能です。圧着ハガキはハガキサイズの上質紙などに必要な内容を印刷した後で、間にフィルムを挟んでシーラーを通すだけで作成することができます。フィルムに含まれている成分によってハガキの二つの面を圧着できるようになっていて、剥がすときにも紙が破れないように粘着成分が選ばれているのです。そのため、ハガキを作成するのに必要な用紙を準備し、適切な枚数のフィルムとシーラーを用意すれば作成できます。圧着ハガキはそれ自体が特殊なものではなく、圧着作業を最後に行うだけでできる簡単なものなのです。この原理を知っていると様々なタイプの圧着ハガキを手軽に作成することが可能です。二つ折りのものであれば用紙としてハガキの二倍の面積を持っている用紙を用意すれば良いことになりますが、三つ折りにしようとすればそれも可能です。また、一般的にはあまり見られない形の圧着ハガキも作成することができるでしょう。観音開きにデザインを行うことや、ハガキの全面ではなく一部だけを圧着するということもできます。必ずしも一枚の用紙で作成する必要もなく、二枚のハガキを合わせて圧着するという方法も選べるでしょう。フィルムとシーラーさえ用意すれば必要に応じて適切な形でハガキに整えることができるのです。