パンフレット印刷を依頼するときの注意点とは?

CMYK

特殊な冊子の作り方

パンフレット

Z折りの冊子の原稿作り

パンフレットの中には、通常の綴じ方だけではなく折り込みで作るタイプもあります。こちらはページ数の少ない冊子に向いていますので、ちょっと凝った物が作りたければこちらもお勧めです。この折りパンフレットは、折り方によって原稿のサイズが異なります。さらに右開きか左開き、あるいは縦にするか横にするかによっても原稿の指定の仕方が違います。もし原稿を自分で用意する際は、くれぐれもサイズやデータの作り方に気を付けるようにしましょう。また最近は、原稿のテンプレートを提供してくれる印刷所もずいぶん多くなりました。自分で用意するのが面倒な方は、それを使ってデータ原稿を作成してもかまいません。業者の用意しているパンフレット印刷用のテンプレートにはあらかじめガイドが付いているので、その点で大変作業が楽になります。それを使ってパンフレット印刷のデータを作成したら、見本データを作って同じフォルダに入れます。この後それを印刷所の入稿のルールに従って入稿しましょう。入稿後ネットの印刷所なら、サイトから原稿の校正ができます。折パンフレット印刷は、原稿の順番が特殊なので、この時間違いがないかどうか特に念入りに確認しておくべきです。そこで間違いがないようなら、そのまま印刷に回してかまいません。あとは完成原稿を直に確かめて、印刷のずれや乱丁落丁がなければパンフレット印刷は完成です。折パンフレットは形こそ特殊ですが、原稿の作り方と指定さえ間違わなければ難しい物ではありません。ぜひトライして、いつもと違った印刷物を作成してみましょう。

プリントを業者に依頼する

色見本

神奈川で印刷を業者に依頼するときには、プリントしたい物を実際に業者に見てもらって、相談することが好ましいです。また大量に印刷を依頼する時には業者が持っている機材に注目して、性能の良い機材を導入している業者に依頼しましょう。

立派な本にするために

ウーマン

個人用の製本機の品質は上がっていますが、立派な作品に仕上げたいのなら、プロに頼んだほうが良いでしょう。プロに頼むと大がかりな作業になると感じますが、一冊からの注文も可能なので、気軽に本格的な製本機を利用することができます。

シーラーがあれば簡単

ポストにはがきを入れる人

圧着ハガキは特殊なものではなく、フィルムを挟んでシーラーで圧着することによって簡単に作ることができます。原理がわかっていると様々なタイプのものを作成することが可能であり、ハガキの形を整える目的で汎用できるでしょう。